小貝川堤防決壊40年シンポジウムに本校生徒が参加

 2月6日(日)、小貝川堤防決壊40年シンポジウムが大昭ホール龍ケ崎(龍ケ崎市文化会館)で行われ、本校3年生の谷澤風花さんと関口佳恋さんがパネリストとして参加しました。2人は、1月に行った当時の被災者の方たちのインタビュー内容なども踏まえ、これからどのように防災意識を高めていくべきかなどパワーポイントで発表しました。
 今回のシンポジウムを終え、2人ともこれまで意識しなかった防災に関する知見にも触れることができ、また自分たちのアイディアや意見をどのように伝えたらよいかなどいろいろ知恵を絞りながら準備・発表したことは大変貴重な経験となったようです。
(新聞記事は2月7日(月)茨城新聞での発表の様子)   
 
 
 
 新聞記事    
写真をクリックすると大きくなります